ユーピックエスキモー 
エスキモーの人々の素朴な笑顔 ユーコン川の流域では、数千人のYUPIK/ユーピックエスキモー(北極エスキモー) と、アサバスカ・インデアンの部族が居住しており、数千年の歳月にわたりその生活 習慣を今日でも維持しています。短い夏の間のサーモン漁とスモークを中心とした保 存食は、長い冬を含めての一年の食料確保のためであり、このサーモン漁と保存加工 の技術を何世代に渡って伝承してきているのです。ユーコン川でのサーモン漁は、こ の先住民による生活関連漁獲枠が優先され、一般の商業捕獲は厳しく管理されていま す。この点は他のアラスカ地域とも異なり、ユーピックエスキモー部族にとってサー モン漁がいかに重要かを示しています。


Kwikpak Fisheries社  クィックパックフィシャリーズ社
クィックパックフィシャリーズ社は、アラスカ州ユーコン河流域では最大のサーモ ン生産加工業者です。2002年にユーコン川流域の6つの部族(ユーピックエスキモー 族5部族〜コルチック、エモナック、ヌーナムイクア、マウンテンビレッジ、アァカ ヌック、そして、アサバスカインデアン族1部族)によって設立されました。この6 部族は一方で、「YUKON DELTA FISHERIES ASSOCIAT ION」(ユーコン河漁業振興協会)を形成し、地元漁業と地元住民が一体となって ユーコン川流域の継続的なサーモン漁を通じての地域振興を目的に活動しています。 クイックパック社は、この地域でのサーモン漁業において、漁民からの安定買い付け 業務およびその生産加工、販売をとうして、このユーコン河流域への経済的貢献と生 産加工業務における地元の人々への雇用提供などで大きな役割を果たしています。

ご挨拶 〜日本の皆様、こんにちは!〜

漁業は我々ユーピックエスキモーにとって、生活および文化の根源であるルーツです。 漁業こそ、ここに暮らすわれわれと我々の社会をひとつの絆で結びつけてくれます。 そして、この漁業こそが我々の生活を支える収入を、また漁業をあるいは狩猟をあるいはその他の食物を必要に応じて採取する道具を生み出してくれるのです。

Fishing is the root of the culture and livelihood of The Yupik people. Fishing binds our people and communities together and Provides the necessary income and equipment for them to subsistence fish, Hunt and gather food”


Ragner Alstrom
    Executive Director  
Kwikpak Fisheries website