ユーコン川に戻ってくる鮭「ユーコンサーモン」の種類には、キングサーモンの他にもうひとつ、チャムサーモンがあります。このチャムサーモンは 北海道で漁獲され る「秋あじ」や脂ののった「時鮭」などの白サケと同種類です。 「ユーコンチャム」の特徴は、すべての天然鮭は母川の長さでそのうまさの基準とな る脂肪分の含有率が決まりますので、キングサーモンと同様に天然の白サケの中では、最高の脂肪分を持ったサケと言えるのです。


サケの中トロ
「ユーコンチャム」をキングサーモンと比べると、単純な脂肪分の含有率ではユーコンキングにはかないませんが、例えばマグロの場合と同様で、ユーコンキングが“大トロ”とすると、ユーコンチャムは“中トロ”。「ユーコンチャム」は、十分な脂 を含みながらさっぱりした味が特徴で、キングよりチャムの方が好みという方 もいらっしゃるようです。また、「ユーコンチャム」はユーコンキングに比べて価格が安いことも魅力のひとつです。


ユーコンチャムと伝統の技
日本の伝統的な加工技術により、ユーコンチャムの特徴を生かした旨味を 引き出しました。脂乗りの良いユーコンチャムは、北海道の鮭の伝統的な加工方法の 基本、塩(山漬け)加工処理を施した場合、とくにその旨味が引き出されます。また、 漬け魚(西京漬けや粕漬けなど)や、燻し(スモークサーモン)などでも、天然チャムサーモンのひと味違うこの美味しさをお楽しみいただけます。